エステで温かなキャビテーション?その理由は

Posted by sp-kanri on 8月 26, 2015
トリートメント

キャビテーションは、超音波を気なる部位に当てることで、激しい振動が起きます。
その速さは、1秒間に40,000回というものです。
この超音波を受けた肌の下では、脂肪細胞と間質液に振動が伝わり、気泡ができて消滅するといったことが繰り返されます。
この速さで行なわれることになりますから、とても素早く気泡ができ消滅していくことになります。
この時に気泡の間に、圧力の差が生まれて、空洞になり、やがて気泡は消滅します。
E08716
その時に、脂肪細胞がその気泡の変化に対して、まるで運動しているような状態になり、いわば燃焼していくことになります。
キャビテーションの場合は、この脂肪細胞の変化を一般的に乳化という表現になります。
脂肪細胞は、すぐそばでそうした気泡の激しい変化に絶えられなくなり、形をそのままにしておけなくなり、崩れます。
それが、乳化や脂肪燃焼が起きたことを意味します。
この時には普通の脂肪細胞だけではなく、なかなか落とすことができなすセルライトにも大きな影響を与えることができ、確実に痩身ができる、脂肪をなくすことができるというものです。
痩身の場合は、低周波で肌の深層部にまで刺激がいくように刺激を与え続けます。
オススメのエステ
そうすることで、普通の脂肪はもちろん、繰り返す行うことで、凝り固まった脂肪も形を崩すことができます。
形を崩すポイントとして、温かな環境が良いとされていて、最近のキャビテーションの施術では温めながら行うことことで効果を上げているとされています。

Comments are closed.